So-net無料ブログ作成
検索選択

舛添新党との連携、橋下知事が否定(産経新聞)

 舛添要一前厚生労働相が結成する新党をめぐり、大阪府の橋下徹知事は22日、「(自身が代表を務める地域政党)大阪維新の会は参院選はかかわらない」と述べ、連携を否定した。

 府庁で報道陣の取材に応じた橋下知事は「(舛添氏が提唱する)大阪独立構想は大賛成」と賛意を示したうえで、「民主も総合特区の検討に入ったと聞いた。独立構想と総合特区で競ってもらったらいい」などと述べた。新党結成について「舛添氏から連絡はなかった」という。

【関連記事】
自民衝撃、集団離党…舛添やっと決断、新党旗揚げへ
橋下“維新”府議はやジレンマ 自民が公認候補…党籍除名も
橋下府知事「僕の大号令が必要」 市町村への権限移譲
橋下知事、候補選定は小沢流 殴り込み市議補選「攻撃的な女性だ」
「自民党のエースが夜逃げ」 民主・山岡国対委員長、舛添氏離党に
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

同居女性の男児暴行=傷害容疑で25歳男逮捕−三重(時事通信)
桜を見る会 足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)
倉庫から米3660キロ盗む=容疑の無職男を逮捕−岡山県警(時事通信)
留置場から携帯で通話=署員気付かず、少年持ち込む? −三重県警(時事通信)
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ(産経新聞)



<水木しげるロード>隠岐に“延伸” 妖怪力増強、ブロンズ像9体 観光客「海越え」期待(毎日新聞)

 鳥取県境港市の水木しげるロードのにぎわいを隠岐にも“延伸”しようと妖怪ブロンズ像が水木ロードと隠岐の島町に計9体設置された。隠岐の島町には水木しげるさん(88)=本名・武良(むら)茂=が自身のルーツとしている地区もある。関係者は「海を越えて妖怪ツアーを楽しんで」とPRしている。【小松原弘人】

 隠岐の島町中村地区には「武良郷」という集落があり、水木さんが武良家のルーツと太鼓判を押している。武良郷は「和名抄」(937年)にも登場する。

 町役場と民間でつくるロード延長プロジェクト実行委(事務局・隠岐青年会議所)が、水木さんルーツを生かして観光客を誘致しようと、08年7月に中村地区にブロンズ像「武良まつりで踊る水木先生」▽別府港に「焼火(たくひ)権現」を設置した。今回は約1000万円を投じて、妖怪力を大幅に増強した。

 水木ロードの「河童(かっぱ)の泉」には「隠岐へ向かう鬼太郎親子と水木しげる先生」を置き、隠岐への出発点とした。高さ1・1メートル。台座の「妖怪トンネル」で観光客を隠岐にいざなうという趣向。

 隠岐の島町では、西郷港から中村地区までの約20キロにある隠岐国分寺▽西郷かっぱ公園▽銚子ダム▽玉若酢命神社などに水木さんの作品に登場する五体面▽さざえ鬼▽せこ▽河童▽ちょうちんお化けなどを配した。夏には西郷港にもう1体追加する予定。

 横地洋公実行委員長(41)は「水木しげるロードの年間150万人以上の観光客のうち1%を隠岐へ誘導できたら」と意気込んでいる。

<強風>東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目(時事通信)
総人口、過去最大の減少=女性は初の自然減−総務省推計(時事通信)
かまってちゃん、weg、旅人、環ROYらが映像作家の祭典に
ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)



外国人参政権 35県「付与反対」 地方の危機感拡大(産経新聞)

 鳩山内閣が進める永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案に対する全国の都道府県議会の反対決議(請願、慎重審議含む)が35県に達したことが15日、分かった。このうち24県が賛成から反対に転じたもので、法案に対する地方の危機感の強さを裏付けている。

 今年1月時点では全国14県議会で採択されただけだった付与法案への反対決議は全国に広がり、高知県や福島県などで次々採択。慎重審議を求める採択を平成13年にしていた神奈川県議会を含めると全国47都道府県のうち35県議会で反対や慎重審議を求める決議がされた。このうち24県が一度採択した賛成決議を見直し反対決議に転じた。四国4県、九州沖縄をのぞく)7県はすべて反対となった。

 逆に1月に26都道府県あった賛成の議会は4月時点で10都道府県に減った。京都府と沖縄県では賛成、反対どちらの立場でも意見書は採択されていない。

 付与法案への疑義や批判は都道府県知事からも相次いで出されている。参政権問題で6日に臨時開催された全国知事会議では「地方行政が影響を受け、国家にも影響を及ぼしかねないため絶対に反対する」(石原慎太郎都知事)などといった声も出された。

 反対決議は市町村議会でも相次いでされている。韓国資本による土地買収が表面化した長崎県対馬市では反対意見書で法案は「『国境の島、対馬』という地理的環境からも市民に不安を与える」としたうえで「日本国民、ひいては対馬市民に対する裏切り行為」と痛烈に国の動きを批判している。沖縄県与那国町でも反対の意見書が採択されるなど、警戒感が広がっている。

「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す−長女優希ちゃん(時事通信)
「100%頑張っている」=夢追う女性にもエール−山崎さん、宇宙基地で会見(時事通信)
妻「悲しみ、言葉にできない」=15年来の同僚、カメラ手に涙−ジャーナリスト銃撃(時事通信)
<長妻厚労相>存在感陰り 派遣法・年金、目立つ手堅さ(毎日新聞)
<過労死控訴>障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)



ひき逃げで新聞配達員死亡 京都・綾部(産経新聞)

 2日午前2時45分ごろ、京都府綾部市宮代町の府道で、同市広小路の新聞配達員、金得春さん(59)のミニバイクが、軽乗用車と衝突。金さんは病院に運ばれたが全身を強く打って、約1時間20分後に死亡した。軽乗用車はそのまま逃走し、綾部署はひき逃げ事件として捜査している。

北沢防衛相「頭越しに決めない」=普天間で沖縄知事と会談(時事通信)
鬼太郎宝くじ1日発売、漫画主人公登場は初(産経新聞)
<事後強盗>容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野(毎日新聞)
<人事>農林水産省(毎日新聞)
自宅ベランダから乳児2遺体=37歳の母親逮捕−大阪府警(時事通信)




GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン(医療介護CBニュース)

 余剰が見込まれる新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、厚生労働省は3月26日、英グラクソ・スミスクライン(GSK)社との契約変更に向けた交渉の結果、当初購入予定量の約3割に当たる2368万回分を解約することで、おおむね合意したと発表した。違約金はなく、約257億円の経費を節約したとしている。

 厚労省は昨年10月にGSK社から7400万回分、スイスのノバルティス社から2500万回分の計9900万回分を1126億円で購入する契約を結んでいた。ノバルティス社とも現在解約に向けて交渉中という。


【関連記事】
3分の2解約に向け交渉―輸入新型ワクチン
輸入新型ワクチンの特例承認のパブコメ結果を公表―厚労省
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」−長妻厚労相
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ
新型インフルの輸入ワクチンが特例承認

霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
「謝罪あり納得、感無量」=笑顔で会見−菅家さん・足利事件(時事通信)
足利事件再審 判決要旨(3)(産経新聞)
<学生将棋選手権>早稲田大Aが優勝…団体戦(毎日新聞)
JR東トラブル 情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。